屋上・壁面緑化技術コンクール 受賞一覧(受賞回別)

第18回 屋上・壁面緑化技術コンクール 受賞一覧

「屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール」今回の受賞団体は、以下の通りです。

第18回 国土交通大臣賞:屋上緑化部門 (東京都港区)
日鉄興和不動産株式会社
株式会社日本設計
株式会社大林組
株式会社日比谷アメニス
赤坂インターシティAIR

 本作品は、東京赤坂の超高層複合ビルの緑化である。六本木通りに面した約16,000㎡の敷地内に、緑あふれる居心地の良い空間が広がることを第一の目標に掲げ、敷地の西側にオフィス、住宅、店舗等からなる高層棟を寄せ、東半分に緑地を配した。1階低層棟の上部も土で覆った大きなマウンド上の緑地である。当該敷地の一画には、人々が集い・憩う、にぎわいの場であった江戸の水源「溜池」が位置していた。そのような土地の価値の継承、再生を狙い、敷地内に水景を取り入れている。
 開発に期待をこめられた地権者、働き憩う人々のため、竣工時から圧倒的な緑量感の確保が課題とされていた。そこで、自然樹林の調和する姿に倣った木々を組み合わせる植栽手法、現状を維持管理するのではなく、自然に木々が成長し、風景が自然に変化することを許容する管理手法を試みている。その結果、完成から約2年が経過した現在、野鳥が訪れ、オフィスワーカーをはじめ周辺の人々の憩いの場として定着しつつある。
 基盤造成から植栽選定、灌水や維持管理に確実な技術を組み合わせて、都市の森を創出し、再開発エリアの価値を高めた点が高く評価された。


第18回 国土交通大臣賞:壁面・特殊緑化部門 (神奈川県横浜市)
麒麟麦酒株式会社横浜工場
横浜市
首都高速道路株式会社
内山緑地建設株式会社
横浜北線・岸谷生麦線高架下キリン緑地

 本作品は、横浜市初の敷地外緑地制度を利用した道路高架橋下の緑化である。高速道路ならびに市道建設にともなう用地供出により、工場立地法で定められる必要緑化面積の確保が困難になったことから、麒麟麦酒横浜工場が事業者となって、工場立地法の敷地外緑地制度を利用し、2017年3月に開通した道路高架橋下に約18,600㎡の緑地を整備した。この整備により、麒麟麦酒横浜工場が所有する一般に開放されている広大な芝生広場やビオトープなど(約15,400㎡)の緑地と結ばれ、緑の少ない住宅工場密集地に緑のオープンスペース(全長約1.1㎞、約34,000㎡)が誕生した。植栽には、高架下特有の低照度環境でも生育する耐陰性植物を中心に、カラーリーフなど様々なテクスチャーを持つ植物を取り入れ、無機質で高架下特有の薄暗くなりがちな空間イメージを払拭した。道路建設を契機に生麦地区の街の魅力を高め、よりよい環境づくりにつながった。
 高架下という植物生育に厳しい条件を克服する技術、敷地外緑地制度という新制度を活用した緑地の創出が地域貢献につながった点が高く評価された。


第18回 環境大臣賞:屋上緑化部門 (東京都江東区)
株式会社竹中工務店
株式会社久米設計
江東区
株式会社スタジオテラ
東光園緑化株式会社
江東区立有明西学園

 本作品は、臨海部に位置する義務教育学校の緑化である。高層マンション群の建設が進む有明地区は、新しい街並みが形成されつつある地域でもある。この地は、かつて都内最大の貯木場を持つ地域であったことから、地場産業である木材を活かしたシンボル性の高い学校をつくることが求められた。そこで、鉄筋コンクリートを含む耐火木構造建築として計画し、子どもたちが生活の大半を過ごす普通教室、移動・交流の場を中心に、木構造・木質化を行い、木のぬくもりを活かした校舎づくりが行われた。
 約7,000㎡に及ぶその屋上庭園は、風や潮害による樹木の生育不良が懸念されることから、生垣による風の影響緩和、海岸立地と風対策を配慮した植栽計画、低木・地被類・マルチング材を用いた土の乾燥対策に取り組んだ。
 臨海部の厳しい条件を克服した作品であり、都心型公立学校の緑化、緑化を活用した環境学習を展開している点が高く評価された。


第18回 環境大臣賞:壁面・特殊緑化部門 (東京都荒川区)
株式会社トーケン
小松マテーレ株式会社
未来緑化株式会社
都電荒川線無灌水型軌道緑化(荒川車庫前停留場付近)

 本作品は、無灌水型軌道緑化である。日本国内の軌道緑化の多くは芝生緑化であるが、本作品では、都市緑化技術審査証明で有効性が認められた緑化システムを採用することで、無灌水対応を可能にするだけでなく、保守作業の軽減化と維持管理の簡略化を実現した。
 また、当該緑化技術では、クッション材で不陸が調整できるよう、工夫・改良し、砕石の上に直接、緑化基盤を設置することが可能なシステムである。
 周囲への環境改善が認められ、設置・撤去・移設・再設置等に臨機応変に対応できることから、今後の設置場面の多様性への対応力が高く評価された。


第18回 日本経済新聞社賞:屋上緑化部門 (東京都三鷹市)
三鷹市
独立行政法人都市再生機構
株式会社日本設計
三鷹中央防災公園・元気創造プラザ

 本作品は、公園敷地内の人工地盤緑化である。公園敷地及び隣接する庁舎敷地(計約2ha)内に一体建設された地上5階・地下2階の公共施設「三鷹中央防災公園・元気創造プラザ」は、公園敷地内建物の地下2階から地上1階の運動施設(アリーナ、武道場、屋内プール等)と、庁舎敷地建物の1~5階の行政施設(総合保健、福祉、総合防災等の各センター)から構成されている。運動施設屋上の都市公園の中央広場(5,490㎡)は、災害時の一時避難場所の役割を有しており、①市内の老朽化した公共施設の移転集約、②従前の青果市場跡地の一時避難場所機能の恒久化と広域防災拠点の構築、③緑のネットワーク拠点の創出を同時に実現した。
 日常時は市民の憩いの場、災害時は周辺住民の避難場所となる一方、鳥類や昆虫類等の生息地となるように配慮して植栽を行うなど、多面的な緑地の創出手法が高く評価された。


第18回 日本経済新聞社賞:特定テーマ部門 (東京都調布市)
国立大学法人電気通信大学佐藤証研究室 UEC Hydroponic Farm

 本作品は、屋上に設置した水耕栽培システムである。大学のある調布市は、1946年に世界初の水耕栽培による大規模植物工場『Hydroponic Farm(ハイドロポニックファーム)』が誕生した地として知られている(注:『Hydroponic』とは、土を使わずに、液肥だけで植物を育てる栽培方法)。
 作物の生産を目的とする従来農業とは異なり、農をエンターテイメントとして、土地の限られた都市に広げるための研究施設である。バーベキュー等のイベント、小中高生や海外からの学生への課外授業を行い、収穫した野菜は子ども食堂や地元レストランへ提供している。無農薬栽培を採用した本システムは、地元の小学校や病院をはじめとして、都内の複数の商業施設へも導入されている。
 防水、防根、耐荷重工事が不要であり、コミュニケーションを重視した楽しむ農業として、土地の限られた都市だけではなく、仮設住宅等、今後の設置場所への展開の可能性が高く評価された。


第18回 都市緑化機構会長賞:屋上緑化部門 (東京都千代田区)
鹿島建設株式会社一級建築士事務所
株式会社ランドスケープデザイン
東京ミッドタウン日比谷

 本作品は、官民一体の都心型大規模複合開発プロジェクトの緑化である。全体のデザインテーマは「People in the Park」のコンセプトをもとに整備した。屋上緑化では、日比谷公園への眺望だけではなく、緑のつながりを最大限に生かした環境づくり、多層階にわたって広場や緑を連続させることによる街の魅力づけを実践した。中層階では、豊かな屋上緑化空間による緑の丘のような空間を生み出した。
 ビジネスの拠点として、オフィスワーカーの創造性や生産性の向上に寄与する環境を創出するだけではなく、地域全体の価値向上につなげた点が評価された。


第18回 都市緑化機構会長賞:屋上緑化部門 (長崎県長崎市)
長崎県
日建・松林・池田特定建設関連業務委託共同体
鹿島・上滝・堀内特定建設工事共同企業体
箱根植木株式会社
長崎県庁舎行政棟屋上緑化

 本作品は、県庁舎行政棟2階レベルのテラス緑化である。2017年に竣工した新しい県庁舎は、長崎湾の入江の突端に位置し、湾を取り囲む「港」の風景との調和を考慮して、建物全体を低層建築に抑えるとともに、水平ラインを強調し、大らかで、海辺のオープンスペースと連続する「丘のような庁舎」である。
 植栽に使用した地域性種苗は、五島列島の大瀬崎灯台付近の地権者の許可を得て、ケカモノハシやススキ、チガヤ、ハマゴウ等の種子を採取し、マット植栽を生産した(一般社団法人生物多様性保全協会「地域性在来植物トレーサビリティ製品認定を取得」。地域性種苗を支える植栽基盤についても、大瀬崎でサンプリングした土壌と比較分析を行い、肥料分の添加を行わないアレンジを行った近似する人工軽量土壌を採用している。
 地域性種苗のトレーサビリティを明確にし、植栽デザインにコンピューテショナルデザインを採用した視点が評価された。


第18回 奨励賞:屋上緑化部門 (愛知県常滑市)
中部国際空港株式会社
愛知県立半田農業高等学校
グリーンカーテン共同育成活動

 本作品は、2012年度より開始した、第1ターミナルビルにおけるグリーンカーテン共同育成活動である。パッションフルーツは、花や果実の生長が楽しめるため、環境への配慮と夏場の日差し対策だけでなく、空港を訪れるお客様への癒し空間の演出になっている。
培養土には、匂いが発生する有機質肥料は使用せず、病害虫が発生しないように熱処理した市販培養土と赤玉土を混合した。プランターの底には、知多浄水場で発生した脱水ケーキを敷き、プランターの目詰まり防止と排水性を高めている。
 グリーンカーテンは斜めに誘引し、遮光率を高めている。誘引できないツルを除去して、挿木繁殖に使用するほか、人工授粉や果実の収穫など、植物の調査や栽培管理は、半田農業高校の職員・生徒が月2~3回程度、実施している。植栽したパッションフルーツは、10月ごろに撤去し、学校の無加温のガラス温室にて越冬させ、次年度の設置に使用するなど、繰り返し更新を行っている。
 活動の継続性、環境への配慮、産学連携、そして、グリーンカーテンを活用した新たな地産地消モデルとして評価された。