屋上・壁面緑化技術コンクール 受賞一覧(受賞回別)

第15回 屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール 受賞一覧

※「屋上・壁面緑化技術コンクール」は、第1回~第15回まで「屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール」という名称でした。

「屋上・壁面・特殊緑化技術コンクール」今回の受賞団体は、以下の通りです。

第15回 国土交通大臣賞:屋上緑化部門 (東京都港区虎ノ門)
森ビル株式会社、株式会社日本設計、
株式会社大林組、西武造園株式会社
虎ノ門ヒルズ

 本作品は、立体道路制度と市街地再開発事業を活用した人工地盤上に誕生した6,000 ㎡の緑地空間である。地上52 階建て、高さ247m の超高層複合タワーには、日本初進出の革新的ホテル、広いフロアプレートと最高スペックを備えたオフィス、眺望抜群でホテルサービスを利用できるハイクラス住宅、国際水準のカンファレンス施設、多様な都市生活をサポートする商業
施設から構成され、東京都が外国企業誘致を推進する「アジアヘッドクォーター特区」の中枢として、国際新都心形成のシンボルとなっている。
 生物多様性に配慮した「自然土」の利用を重視し、小川や豊かな緑を創出した結果、公益財団法人日本生態系協会が運営するJHEP 認証で最高ランクの「AAA」を取得し、周辺エリアへの生態系ネットワークの波及効果を果たしている。また、東京都が定める「東西の環境軸(環状
二号線)」と「南北の環境軸」の交点に位置し、「グリーンロードネットワーク」の基点として、都市の生物環境のネットワークにも貢献している。
 戦後まもなくの都市計画から68 年の歳月を経て開通した環状2 号線、「立体道路制度」と市街地再開発事業等の多様な事業制度を活用して緑地空間を創出し、2020 年東京オリンピック・パラリンピックに向けた新たなランドマークとして、緑を通じて、東京の魅力を世界に発信している点が高く評価された。


第15回 国土交通大臣賞:壁面・特殊緑化部門 (東京都渋谷区千駄ヶ谷)
日本生活協同組合連合会、
株式会社日建設計、株式会社フジタ、
トヨタルーフガーデン株式会社、
日本地工株式会社
コープ共済プラザ 壁面緑化

 本作品は、8 階建てのコープ共済プラザの東西ファサード2 面に設置された面積1,800 ㎡の壁面緑化である。各階バルコニーに連続した植栽帯を設け、ワイヤーや鎖樋など外装デザインを構成する複数の登はん支持材に常緑つる性植物を登はんさせた壁面緑化システム「グリーンブラインド」は、上部から葉面灌水を行うことで、気化冷却効果をより高めた環境緑化システムでもある。外装全面に、大規模で先進的な壁面緑化システムを設置し、自然換気とダイレクトナイトパージなど、随所に環境負荷を抑制する環境配慮技術を採用した都心における環境配慮オフィスのプロトタイプである。室内のオフィスワーカーは、日常的に、気化冷却効果だけでなく、居室の日射遮蔽、日射熱取得の軽減を享受していることから、「グリーンブラインド」は知的生産性の向上や癒しにも貢献している。この作品の象徴的な外観は、南西に広がる明治神宮外苑からの夏場の冷風を取り込み、都心のヒートアイランド現象の緩和のみならず、周辺の都市環境改善の寄与にも貢献している。
 建物全体を一つの環境装置として捉えた計画・設計として、緑化・環境技術と建築デザインが密接に融合していること、常緑つる性植物を数年かけて生長させ、完成した壁面緑化とする点などが高く評価された。


第15回 環境大臣賞:屋上緑化部門 (東京都豊島区南池袋)
豊島区、南池袋二丁目A 地区市街地再開発組合、
一般財団法人首都圏不燃建築公社、
東京建物株式会社、株式会社日本設計、
隈研吾建築都市設計事務所、
株式会社ランドスケープ・プラス、
大成建設株式会社、西武造園株式会社
としまエコミューゼタウン (豊島区本庁舎・Brillia Tower 池袋)

 本作品は、豊島区役所内にある10階の「豊島の森」、8・6・4階の「グリーンテラス」、BriiliaTower 池袋の49 階のスカイテラス、1 階南側の人工地盤上のけやき広場により構成された複合建築物の緑化である。豊島区が掲げる「環境都市づくり」の象徴として位置づけられた建築は、都市の循環と発展の中心となる「樹木のような建築」がコンセプトである。木の葉を模した表皮「エコヴェール」、これらの緑がグリーン大通りの並木と呼応し、都市と連動する景観を形成している。
 立体的かつ複合的に建築に組み込まれた垂直庭園「エコミューゼ」は、地上50m、10階屋上の「豊島の森」から低層部「グリーンテラス」によって、建物全体を水と緑でつなげることで、小さな生態系を形成している。「エコミューゼ」とは、エコロジー(生態学)とミュージアム(博物館)による造語で、地域の自然や文化、生活様式を含めた環境を永続的に研究・保存・展示・活用していくという考え方とその実践である。庁舎そのものが、豊島の自然を再現しながら、都市環境と地域社会の持続的な発展の場となること、さらには、人と緑と生き物がふれあい、多様な自然とともにある快適な地域社会が広がっていくことを目指した。
 地上面から連続する緑、区の地形構造・植生に対応した植栽デザイン、地域のトレサビリティを考慮した材料調達、自然環境を体験・見学できる学習ルートの設定などが高く評価された。


第15回 環境大臣賞:壁面・特殊緑化部門 (大阪府大阪市北区)
セイレイ興産株式会社、株式会社日建設計、
株式会社竹中工務店、
株式会社竹中工務店技術研究所、
株式会社朝日興産、
野崎造園土木株式会社
YANMAR FLYING-Y BUILDING

 本作品は、オフィスビルの建築外装材と一体となった幅23.7m、高さ52m の可視性の高い約1,230㎡の壁面緑化である。本作品は、建築外装材に使用されているφ100mm のアルミルーバー材と一体化した「植栽ルーバー」を積層したディテールとなっている。この「植栽ルーバー」は、植栽用の内部構造を備えた筒状のアルミルーバー材に、人工土壌を不織布で包んだ植栽ユニットを挿入した構造となっている。この「植栽ルーバー」を使用した本作品は、室内から外部への透過性と眺望を確保しながら、日射を遮蔽し、室内の快適性と省エネルギーの両立を可能にしている。
 12階屋上庭園の「ビーガーデン」では、ミツバチの巣箱を設置し、2011年3月から始まった「NPO法人梅田ミツバチプロジェクト」の養蜂活動をサポートしている。ビル全体で環境との共生を目指し、本作品をミツバチが集蜜するためのフィールド「緑の大地」と位置づけるため、壁面緑化の4割程度に花の咲く地被植物を植栽している。ミツバチは草花を吸蜜し、12階屋上庭園の「ビーガーデン」では、定期的に集蜜作業が行われている。そして、小学生から一般向けのミツバチの生態学習教室を年数回開催し、ビル全体で環境と共生するコンセプトの具現化を可能にしている。
 ミツバチを活用した都市生態系の創出と都市養蜂に関する取り組み、ビル全体で環境と共生するコンセプトを具現化している点が高く評価された。


第15回 日本経済新聞社賞:屋上緑化部門 (大阪府大阪市北区)
ダイビル株式会社、株式会社日建設計、
株式会社大林組、住友林業緑化株式会社、
株式会社稲治造園工務所
新ダイビル 堂島の杜

 本作品は、屋上緑化の先駆けとして1964年に創出された(旧)新ダイビルの屋上樹苑の樹木の一部を移植継承した緑地空間である。新ダイビル建替計画に合わせ、半世紀にわたり育まれてきた屋上樹苑を調査した後、移植対象木を選定し、根回しと根巻きを行い、養生地に移植した。約4年間の養生期間を経て、2015年3月に、新築された新ダイビルの外構に堂島の杜として計22本の本移植に成功した。
 既存躯体の一部は地下駐車場とし、この人工地盤の大半が緑化範囲となっている。(旧)新ダイビルの屋上樹苑同様、自然土を基盤に用いた人工地盤緑化は、地下躯体の存在をまったく感じさせない緑量感のある自然な森になっている。
 「人だけでなく生物にとってもやさしい森」という(旧)新ダイビルの屋上樹苑の精神を継承し、潜在自然植生の構成種を中心とした樹種を植栽し、生物多様性の保全や回復に取組を評価する認証制度(JHEP 認証)において、最高ランクを取得した。
 過去に屋上空間に植栽され、生育していた樹木を綿密な現地調査と根回しや根巻きといった従来の造園技術、そして、高度な緑化技術により再植栽し、緑の歴史を継承した点が高く評価された。


第15回 日本経済新聞社賞:壁面・特殊緑化部門 (東京都豊島区南池袋)
豊島区、南池袋二丁目A 地区市街地再開発組合、
一般財団法人首都圏不燃建築公社、
東京建物株式会社、株式会社日本設計、
隈研吾建築都市設計事務所、
株式会社ランドスケープ・プラス、
大成建設株式会社、
西武造園株式会社、旭ビルウォール株式会社
としまエコミューゼタウン (豊島区本庁舎・Brillia Tower 池袋)

 本作品は、2015年3月に完成した複合建築物の壁面緑化である。この建物は、豊島区が掲げる「環境都市づくり」の象徴に位置づけられ、「人と繋がり、街と繋がり、自然と繋がり、歴史と繋がる、都市の循環と発展の中心となる『樹木のような建築』」をコンセプトに計画が進められた。低層階は庁舎と店舗、高層階に住戸を配置し、立体的かつ複合的に緑が組み込まれ、グリーン大通りの並木と呼応し、都市と連動する景観を形成している。
 木の葉のように建物全体に纏い、東西南北すべての外壁面に光や風をコントロールする複合型壁面緑化「エコヴェール」、多様な自然と触れ合える環境の学び場としての垂直庭園「エコミューゼ」、それらを繋ぐ外部階段を覆う壁面緑化「グリーンダクト」が、一体的な環境装置として機能し、建物と街の緑をつなげると当時に、周辺地域の生き物を建物側に誘致するための重要な役割を果たしている。
 区役所本庁舎という公共性の高い建築の緑化とそのデザイン、建物と街をつなげる緑という視点が高く評価された。


第15回 都市緑化機構会長賞:屋上緑化部門 (東京都杉並区)
立正佼成会、立正佼成会附属佼成病院、
株式会社竹中工務店
立正佼成会附属佼成病院

 本作品は、緑の持つ癒しや治癒促進効果を活かした病院の屋上庭園である。南側に高層の病棟、北側に4階建ての診療棟、東側に2階建てのエントランスホールを配した。屋上庭園の植栽計画は、来訪者・入院患者・スタッフの緊張や苦痛を和らげ、楽しさと癒しを与えられるように変化を持たせた。花や葉の色、形、テクスチャーの3要素にバリエーションを持たせた植栽計画では、冬季以外は複数の花の色彩があり、風に揺れる植物の動き方にも変化があるよう、品種を選定した。
 また、季節毎の植替えの手間を省き、真冬にも緑があり、それ以外の季節は、さまざまな色の花や葉が対比して展開し、ヒーリング効果を高めている。そのデザインは、室内から視覚に変化を与える1階、2階、3階ホスピタルモール屋上庭園、視覚に加え、葉が風により出す音、花やハーブの葉・樹の香りなど聴覚・嗅覚・触覚でも体感できる3階、5階、9階屋上庭園及び東側庭園となっている。
 そして、武蔵野の自然植生であるシラカシ、アラカシなどの常緑高木に、地域で親しまれてきたサクラや紅葉するイロハモミジなどの落葉樹を配して、季節感を演出した地盤面から、3階、5階へと緑のボリュームを連続させることで、生物多様性を保全する連続した緑のデザインとなっている。
 緑の持つ癒し効果や治癒促進効果を植栽デザインに取り入れ、視覚・聴覚・嗅覚・触覚で体感できる屋上庭園が今後の病院緑化に求められる姿になると高く評価された。


第15回 都市緑化機構会長賞:壁面・特殊緑化部門 (東京都港区元麻布)
ペンブローク・ミヤムラ・リアルエステート・リミテッド、
ペンブローク・リアルエステート・ジャパン, LLC、
アーキサイトメビウス株式会社、
庄島設計室株式会社、株式会社竹中工務店、
西武造園株式会社
ペンブローク麻布ガーデンズ(ウエスト)

 本作品は、「豊かな緑が生活の中にある住空間」をコンセプトとした低層4階建ての高級賃貸住宅の緑化である。建築計画及び街並み規制の重要な要素として、ランドスケープ計画を位置づけ、壁面緑化785.4㎡、地上部と屋上部において758.3㎡、合わせて約1,500㎡の緑化を創出した。この緑化を実現する手法として、金属メッシュ式を用いた特殊緑化プランター技術を導入した。特殊緑化プランター技術は、金属製のメッシュカゴに固化培土基盤を内張りし、その内部に高・中木、低木、地被類を植栽した。側面部の緑化は、壁面緑化の応用技術であり、側面部を圃場(生産工場)にて事前に緑化・養生し、現場への設置時には、すべての面が豊かなボリュームの完成度で緑化できる技法である。
 また、各建物の複雑な建設配置、隣接建物との立地条件から、高所作業車による管理は不可能である。そこで、計画段階から各緑化部にロープ作業のための支持部材を仕込み、全300個の緑化プランターの管理をロープワークによって管理している。
 緑化による環境改善効果だけではなく、環境価値を重視した不動産市場形成に向けて、緑化が投資家やデベロッパー、ユーザーなどさまざまなステークホルダーに認知・評価された作品であることが高く評価された。


第15回 審査委員会特別賞:屋上緑化部門 (新潟県三条市旭町)
三条市役所ひまわり倶楽部 廃材からスタートした市民広場の緑化

 本作品は、三条市役所の低層部入り口にあたる市民広場の緑化である。1999年(平成11年)に市職員から「花と緑でいっぱいに」という提案があり、管理者(市)の許可を得て、緑化に取り組んだ。市からは、一切の金銭的な助成がないことから、解体される学校体育館や保育所などの廃材を集めては、大型プランターやアーチの材料とし、職員からの募金で集めた活動資金により、バラなどの花苗や土を購入し、作業はすべて会員(職員)のボランティアとした。
 根のコンクリート面への侵食を防止するために、コンクリート面に直接波板(廃材)を敷き、その周辺を枕木で囲って、波板と枕木の接する箇所に、耐根シートを張った。当初、プランターの囲いには、学校体育館等の廃材に防腐処理を施して使用していたが、囲いの劣化防止を図るため、徐々に廃材を枕木や防腐処理した角材に入れ替えた。
 緑化空間を計画から施工まで、会員により行われ、地域の課題を緑化により解決を図ろうとした活動の成果であることが、審査委員会において評価された。