共同研究|ユニバーサルデザイン共同研究会

概要

ユニバーサルデザイン共同研究会

日本でいち早く屋外空間におけるバリアフリーやユニバーサルデザインの重要性を認識し、平成8年度から研究を開始した。高齢化社会の到来に対応し、真のバリアフリーを実現するため、階段のスロープ設置、身障者用トイレの設置など施設の改善や改良にとどまらず、いわゆるユニバーサルデザイン(だれもが使いやすく、わかりやすく、使い方の間違いが少ないデザイン)の視点に立った公園緑地の計画、整備、管理運営等の調査研究・技術開発活動を行っていくことを目的として設立された。

バリアフリー化実現のパートナーとして、コンサルタントやメーカー、施工者の一貫したチームプレイで「みんなでつくる街づくり」をサポートしている。

主な活動内容

  • ユニバーサルデザインに関する見学会・講演会の実施
  • 都市公園バリアフリーチェックシートの研究
  • 各種イベント等への出展(ユニバーサルデザインの普及啓発活動)
  • 研修会等への講師派遣
  • 出版事業  等

会員の募集

新しい会員を募集しております。詳細は事務局の一條(いちじょう)までお問合せください。

お問合せ先・お問合せフォーム

ユニバーサルデザイン共同研究会 会員リスト

【企業・団体】

  • (株)アーバンデザインコンサルタント
  • (株)あい造園設計事務所
  • (株)エス・イー・エヌ環境計画室
  • (株)LAU公共施設研究所
  • (株)コトブキ
  • 信建工業(株)
  • (株)淡窓庵
  • (株)NIPPO
  • 日本体育施設(株)
  • (株)緑の風景計画

【企業・団体】

  • 個人会員5名