共同研究

共同研究会は、人と自然をめぐる動向に対応した折々の重点課題を先導的に取り上げ、産官学の融合協働の場として調査研究・技術開発を実施しています。
現在は下記の6つの共同研究会が活動を行っています。

特殊緑化共同研究会
植物の生育に必要な光・水・土のいずれかが欠けた空間における緑化技術である「特殊緑化技術」に関する調査研究を行っています。
防災公園とまちづくり共同研究会
安全なまちづくりに貢献することを目的に、防災公園等の整備推進に関わる調査・研究・技術開発を進めるとともに、一般への啓発・普及活動を行っています。
グランドカバー・ガーデニング共同研究会
環境にやさしいグランドカバー緑化及び関連資材を含めた技術開発・調査・研究を行うとともに、ガーデニングとランドスケープの結合を図りつつ、植物材料・園芸資材を中心に、造成・設計・管理を科学的・体系的に調査研究し、ガーデニングを現代の生活と都市空間に広く普及し、かつ永続性のある発展を図ることを目的として活動しています。
ユニバーサルデザイン共同研究会
高齢化社会の到来に対応し、真のバリアフリーを実現するため、階段のスロープ設置、身障者用トイレの設置など施設の改善や改良にとどまらず、いわゆるユニバーサルデザインの視点に立った公園緑地の計画、整備、管理運営等の調査研究・技術開発活動を行っていくことを目的として設立、活動しています。
造園新領域共同研究会
造園分野として新たに取り組むべき領域は何かを探りつつ、都市環境の改善・保全を通じて良質な地球環境づくりに造園分野として貢献することを目的として設置、活動しています。
グリーンビジネス・マネジメント共同研究会
みどりによる都市環境の保全・育成、及び魅力ある都市環境の創造を目的として事業活動及びその健全な経営管理に関して調査研究・技術開発及び評価を行っています。