ニュース一覧

防災公園技術研修会2021 東京 – 12/10(金)

 阪神・淡路大震災から25年以上が経過し、また東日本大震災から丸10年が経過するなか、これらの経験を教訓として、都市の災害に対する安全性をさらに向上させることの重要性が強く社会的に認識され、都市公園整備の分野においても、防災公園の整備、都市公園における防災施設の整備が重要な課題となっております。
 このようななかで、当機構におきましては都市公園の防災機能の向上に関する調査研究を進めて参るとともに、民間企業と共同で「防災公園とまちづくり共同研究会」を組織して各種技術開発を行ってきております。このたび、2000年に発刊した「防災公園技術ハンドブック」を、最新の検討成果や情報をもとに改訂出版いたしました。
 つきましては、防災公園の整備、都市公園の防災機能向上に関する課題や実際の管理運営事例、などについて紹介し、これからの安全・安心まちづくりに資する防災公園の今後の方向、計画・設計技術について広くご紹介する「防災公園技術研修会」を下記の通り開催致します。
 御多忙の折とは存じますが、是非ご参加下さいますよう宜しくお願い申し上げます。
 今後、熊本他の別会場での開催も検討しております。

プログラム

(プログラムの内容や講師は一部変更となる可能性がございますのでご了承下さい。)

主催者挨拶
横張 真(公益財団法人 都市緑化機構 理事長)
1.防災公園に関する国土交通省の取り組み
五十嵐康之(国土交通省都市局公園緑地・景観課長)
2.災害の世紀における防災公園への期待と役割(仮題)
中林 一樹(東京都立大学名誉教授)
3.災害時の都立公園の管理の実態(仮題)
清水 幸一((公財)東京都公園協会 公園事業部 防災担当課長)
4.『改訂版 防災公園技術ハンドブック』 の解説
((公財)都市緑化機構 防災公園とまちづくり共同研究会 執筆者)

(敬称略)

開催概要

日時 令和3年12月10日(金)13:00 ~ 16:45
場所 国立オリンピック記念青少年総合センター センター棟
参加費 8,000円(テキスト代※含む)
「改訂版 防災公園技術ハンドブック」(定価6,050円)及び講演要旨など
定員 先着150名(定員になり次第締め切らせていただきますので、ご了承ください。)
造園CPD 3.5単位
申込方法 以下のグーグルフォーム等にてお申し込み下さい。
支払方法 ※受講料は申込後、事前に指定銀行口座にお振込ください。
また、振込手数料は各自でご負担ください。

申込フォーム

グーグル申込フォームより

(グーグル申込フォームへのQRコードもご利用いただけます。)
グーグルフォームQRコード

グーグル申込フォームよりお入り頂き、必要事項(氏名、団体名、所属、メールアドレス等)を入力下さい。
参加申込到着後ご連絡のメールアドレス宛に振込先等のご案内をお送りいたします。

※なお、グーグルフォームからのアクセスが難しい場合は、以下の申込書類をFAXにてお送りください。
(返信まで日数を要する場合がございます。予め御諒承ください。)
防災公園技術研修会2021東京 FAX申込書

お問い合わせ先

公益財団法人 都市緑化機構(担当:手代木)

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4田村ビル2階
TEL 03-5216-7191(代表) FAX 03-5216-7195
e-mail :entryug_address_aturbangreen.or.jp(@を半角にして送信ください)

お問合せフォーム


投稿日: 2021年10月28日
カテゴリー: 共同研究会 タグ: