ニュース一覧

第29回 緑の環境プラン大賞 特別企画「おもてなしの庭」
「おもてなしの庭」大賞受賞「江戸ルネサンス伝統と文化が薫るおもてなし」
完成記念式典が開催されました

完成イメージスケッチ(応募時)

完成イメージスケッチ(応募時)

バンブーツリー(拡大)
バンブーツリー(完成)

バンブーツリー(完成)

 第29回緑の環境プラン大賞 特別企画「おもてなしの庭」にて「おもてなしの庭」大賞を受賞しました「江戸ルネサンス伝統と文化が薫るおもてなし」(東京都台東区)が、このほど完成し、2019年9月5日に完成記念式典が執り行われました。
 台東区では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、まちを花で彩り台東区に訪れる来街者をおもてなしする「花の心プロジェクト」と、江戸から続く歴史や文化といった 地域資源を国内外に広く発信する「江戸ルネサンス」事業を展開しております。この度第29回緑の環境プラン大賞 特別企画「おもてなしの庭」大賞を受賞した「江戸ルネサンス伝統と文化が薫るおもてなし」は、このような「花の心プロジェクト」と「江戸ルネサンス」の趣旨を踏まえ、「おもてなしの庭」大賞の副賞 2020万円の緑化助成をもって、浅草の雷門前に整備されたものです。
 台東区は、「朝顔」や「ほおずき」など下町の路地園芸の文化が色濃く継承されている地域で、今回のプランは、下町の庶民の暮らしに身近な朝顔と竹モチーフとしたデザインとなってます。日本人の細やかな感性と美意識から多くの美しい品種が生み出され、江戸時代に発展した園芸文化“朝顔”は、涼を呼び人々に潤いをもたらしてきました。また、竹は、古くから日用品、工芸品として最も身近な天然素材として人々の暮らしを豊かにしてきました。
 (公財)都市緑化機構は、この「江戸ルネサンス伝統と文化が薫るおもてなし」が、賑わいと交流の場として、国内外からのお客様を「おもてなしの心」でお迎えする場として、また江戸庶民の文化や知恵の継承のシンボルとして、末永く地域の方々に愛され、育まれていくことを願っております。

バンブーツリー設置場所

バンブーツリー設置場所

服部征夫 台東区長 ご挨拶

服部征夫 台東区長 ご挨拶

(公財)都市緑化機構 髙梨専務 輿水理事長 祝辞代読

(公財)都市緑化機構 髙梨専務
輿水理事長 祝辞代読

第一生命保険(株) 稲垣精二社長 祝辞

第一生命保険(株)
稲垣精二社長 祝辞

完成記念式典記念撮影

完成記念式典記念撮影


投稿日: 2019年9月12日
カテゴリー: 緑の環境プラン大賞|都市の緑3表彰