植樹保険(緑の保険制度)

お問合せ 及び 植樹保険加入依頼書取り寄せ先

公益財団法人都市緑化機構 植樹保険窓口

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4 田村ビル2階
TEL 03-5216-7194(植樹保険専用窓口) FAX 03-5216-7195

お問合せフォーム

植樹保険制度の概要

この制度は、国、地方公共団体等の公的機関が発注する樹木等の植栽工事において、渇水等により枯損が発生した場合、発注者の有する植替請求権を保全し、植替による受注者の過大な負担を軽減させるために設けられた『緑の保険』制度です。

公共植栽工事における枯損の植替を円滑に行う制度として発注者による「植栽割増」がありますが、植栽割増を見込んだ工事については、保険に加入しないことにはその意義が生かされないこととなります。

植樹保険は団体保険制度です

植樹保険は団体保険と呼ばれるもので、公益財団法人都市緑化機構が保険会社と保険契約を結び、個々の保険加入をとりまとめています。団体保険にすると、個々の保険契約に比べ、保険料が少なくてすむことや、万一の場合十分な補償が得られるなどの長所があります。

植樹保険の対象工事

植樹保険は、公共機関等が発注する公共植栽工事を対象としていますが、なかには保険の対象とならないものがあります。

保険金を支払う場合 火災を原因とした枯損
落雷を原因とした枯損
破裂・爆発を原因とした枯損
偶然な事由によって生じた、植栽した時の状態での枯損
(こう水・融雪洪水・高潮による水害、干害、病虫害・鳥獣害)
保険金の支払が出来ない場合 暴風雨、洪水、土砂崩れ、雹、雪、なだれ等によって生じた「折れ」「倒木」「流失」の損害
折れ、倒木、流失によって生じた枯死または形姿不良
潅水、除草、施肥、病虫害の防除等の適切な維持管理がなされなかった場合
風雨等での表土の流出及び樹木の傾きや倒れが発生した際、正常に活着するよう補修がされなかった場合
融雪剤の影響によるもの
踏圧、悪戯等の人為的な事由によるもの
地震、噴火、津波によるも
寒害・凍害・霜害、及び塩害によるもの など

※詳細はお問合せください

 植樹保険手続きの流れ

発注者より植樹保険に入るよう指示

植樹保険加入依頼書の記入
(植樹保険加入依頼書は、都市緑化機構よりお取り寄せください)

発注担当者に確認の印をもらう

最寄のゆうちょ銀行より振込
(振込後受領証のコピーを指定封筒に同封して下さい)

投函
(加入依頼書5/5は申込の控えのため、はがして残りの1/5~4/5を封筒に入れて下さい)

付保証明証発行発送
(植樹保険付保証明証と植樹保険付保証明証(写)併せて2通が届きます)

付保証明証提出
発注者に植樹保険付保証明証を提出。(写)は控えとしてお手元に残して下さい。)

資料見本

植樹保険加入依頼書見本

植樹保険加入依頼書(見本)(PDF)

※出力しても提出用には使用できませんのでご注意ください。

植樹保険パンフレット

植樹保険パンフレット(見本)(PDF)

※現在ご使用いただける加入依頼書は、右肩に「平成26年10月」と印字のあるものです。

お問合せ 及び 植樹保険加入依頼書取り寄せ先

公益財団法人都市緑化機構 植樹保険窓口

〒101-0051 東京都千代田区神田神保町3-2-4 田村ビル2階
TEL 03-5216-7194(植樹保険専用窓口) FAX 03-5216-7195

お問合せフォーム